耳の病気〜症状から調べる〜TOPお問い合わせ・リンク・免責

耳管狭窄症

耳の病気 耳管狭窄症とはアデノイドの肥大、副鼻腔炎、鼻炎などが原因で、耳管の空気の通りが悪くなる病気です。

※耳管とは?
喉と中耳をつなぎ、中耳の中の内圧を調整する器官を指します。

sponsored link


耳管狭窄症の原因

・蓄膿症
・風邪
・アデノイド
・上咽頭血管線維腫
・上咽頭がん
・口蓋裂


耳管狭窄症の症状

・耳閉感(耳がこもったような感じ)
・難聴
・自声強調(自分の声が大きく聞こえる)
・耳鳴り


耳管狭窄症の治療

耳管狭窄症を改善させる為には鼻の炎症を治療し、中耳腔の通気を良くする必要があります。
耳管狭窄症には以下の病気が挙げられます。


滲出性中耳炎

急性中耳炎を発症した後、耳の中に分泌物が溜まる病気です。
ドロドロした滲出液もしくはサラサラした滲出液が溜まります。

耳閉感、難聴などの症状が出ます。

[治療]
鼓室穿刺または鼓膜切開により滲出液を出す。


航空性中耳炎 (耳管狭窄症の中で一番症状が軽い病気)

飛行機に乗ると耳管機能がうまく働かなくなります。
これにより中耳の圧調整が乱れてしまいます。

耳の痛み、耳鳴り、難聴、頭痛などが見られますが、他に疾患を持っていなければ、飛行機から下りれば症状は改善されます。

飛行機の着陸前にガムや飴を食べていると症状が軽減されると言われています。
ただし風邪を引いて鼻づまりの症状がある時などはなるべく飛行機に乗らないようにしましょう。

耳管狭窄症は改善されないままでいると、癒着性中耳炎に移行する場合があります。
耳管狭窄症の原因によっては大事に至るケースもありますから、病院を受診することをおすすめします。

sponsored link


病名一覧
急性中耳炎
慢性中耳炎
滲出性中耳炎
真珠腫性中耳炎
航空性中耳炎
内耳炎
外耳炎(外耳道炎)
外耳道真菌症
外耳道異物
外耳道湿疹
鼓膜損傷、鼓膜穿孔
伝音性難聴
感音性難聴
神経性難聴
騒音性難聴
突発性難聴
老人性難聴
耳垢栓塞
メニエール病
急性扁桃炎
耳下腺炎(おたふく風邪)
乳突起炎(乳様突起炎)
聴神経腫瘍(聴神経鞘腫)
顎関節症
耳介奇形(耳の変形)
小耳症
先天性耳瘻孔
耳管開放症
耳管狭窄症
耳硬化症

あなたの耳の症状は?
片方の耳が痛い(かゆい)
両方の耳が痛い(かゆい)
飛行機が下降する際に耳が痛む
耳閉感 (耳が詰まったような感じがする)
難聴 (音が聞こえにくい・聞こえない)
耳鳴りがする
自声強調 (自分の声が大きく聞こえる)
耳だれが止まらない
黄色・黒・白などの菌糸を含む耳垢が出る
耳から血が出る
耳の変形・奇形
虫や玩具などが耳の中に入って取れない
めまいがする
話は聞こえるが内容が理解できない
口を開閉する時、耳の前方(顎)が痛む
発熱
顔面神経麻痺 (顔のしびれ、ゆがみ等)
ピアスの穴が化膿した
copyright©2010  耳の病気〜症状から調べる〜  All Rights Reserved |お問い合わせ・リンク・免責