耳の病気〜症状から調べる〜TOPお問い合わせ・リンク・免責

伝音性難聴

耳の病気 伝音性難聴とは中耳、鼓膜、外耳に障害に起因する難聴です。

伝音性難聴の場合、音を聞き取る為の神経には異常がありませんので、補聴器の使用で音を大きく聞き取ることが可能になります。

※補聴器購入金助成制度
補聴器は高額ですが、市町村に補聴器の助成制度がありますので、市役所等尋ねてみて下さい。

sponsored link


伝音性難聴の原因

伝音性難聴には以下の原因が挙げられます。


●先天性の奇形

先天性の奇形として外耳道閉鎖症もしくは耳介奇形(耳の変形)を発症する場合があります。

奇形が耳小骨や鼓膜に及んでいる場合には音の振動が伝わりづらい状況ですので、難聴が起こるケースがあります。


●中耳炎

中耳炎には急性中耳炎・慢性中耳炎・滲出性中耳炎・化膿性中耳炎があります。
種類によって難聴になる確率は変わります。

急性中耳炎・・・早期に適切な治療をすれば難聴に移行しません。
慢性中耳炎・・・鼓膜穿孔、耳小骨の破壊、肉芽が原因でその症状に応じた伝音性難聴が現れます。
真珠腫性中耳炎・・・早期治療が出来ない場合には、難治性の難聴を発症。

※真珠腫性中耳炎の場合、さらに脳にまで症状が及んで脳外科での手術が必要となる場合もあります。


●耳硬化症

耳硬化症は、通常両方の耳に起こります。
耳小骨が動かなくなる病気ですが、日本人には発症例があまりありません。


●外耳道病変

外耳道真菌症耳垢塞栓、外骨腫など。


●外傷性耳小骨離断


伝音性難聴の治療

伝音性難聴は放置さえしなければ治癒する病気です。
逆に放置すれば感音性難聴を併発してしまう恐れがありますから、早期の治療が大切です。

sponsored link


病名一覧
急性中耳炎
慢性中耳炎
滲出性中耳炎
真珠腫性中耳炎
航空性中耳炎
内耳炎
外耳炎(外耳道炎)
外耳道真菌症
外耳道異物
外耳道湿疹
鼓膜損傷、鼓膜穿孔
伝音性難聴
感音性難聴
神経性難聴
騒音性難聴
突発性難聴
老人性難聴
耳垢栓塞
メニエール病
急性扁桃炎
耳下腺炎(おたふく風邪)
乳突起炎(乳様突起炎)
聴神経腫瘍(聴神経鞘腫)
顎関節症
耳介奇形(耳の変形)
小耳症
先天性耳瘻孔
耳管開放症
耳管狭窄症
耳硬化症

あなたの耳の症状は?
片方の耳が痛い(かゆい)
両方の耳が痛い(かゆい)
飛行機が下降する際に耳が痛む
耳閉感 (耳が詰まったような感じがする)
難聴 (音が聞こえにくい・聞こえない)
耳鳴りがする
自声強調 (自分の声が大きく聞こえる)
耳だれが止まらない
黄色・黒・白などの菌糸を含む耳垢が出る
耳から血が出る
耳の変形・奇形
虫や玩具などが耳の中に入って取れない
めまいがする
話は聞こえるが内容が理解できない
口を開閉する時、耳の前方(顎)が痛む
発熱
顔面神経麻痺 (顔のしびれ、ゆがみ等)
ピアスの穴が化膿した
copyright©2010  耳の病気〜症状から調べる〜  All Rights Reserved |お問い合わせ・リンク・免責