耳の病気〜症状から調べる〜TOPお問い合わせ・リンク・免責

小耳症

耳の病気 小耳症は国内において年間100人から120人に起きる耳の奇形です。

生まれつき耳が小さく、外見だけでなく聴覚にも支障が出てしまう耳疾患です。

sponsored link


小耳症のタイプ

「耳珠残存型小耳症」
「耳甲介残存型小耳症」
「無耳症(耳がまったくない状態)」


上記3タイプに分けられます。


小耳症の症状

・外耳道が閉鎖している為、先天的な難聴がある
・耳介の異常 (小さい)


以上の症状に加えて、

・下顎骨形成不全、患側軟部組織形成不全によって左右が非対称になる
・咬合不全
・巨口症
・顔面神経麻痺
・異所性副耳


上記の症状が合併してあるケースでは治療に慎重さを必要とします。


小耳症の治療

小耳症においてはまずは聴覚の確認が第一番です。
そして「見た目」を改善します。

耳介再建手術が一般的な方法で、肋軟骨を使って手術を繰り返し耳の形をつくりかえていきます。
この手術は耳の痕跡がない無耳症の患者さんにも適応する方法です。

ただ、左右の耳を自然にバランスよく仕上げることはかなり難しいとされており、どうしても不自然さが否めません。

ですから少しでも外科的手術における技術力・センスがある医師を探し出すことが肝要です。


小耳症の手術時期と費用

小耳症の手術に適している年齢は小学校高学年以上が望ましいとされています。
この時期になると耳の大きさが大人と変わらなくなるからです。

小耳症の手術は聴力の有無、合併症の有無によって回数が変わってきます。
また、手術費用は保険適応になり、親御さんの所得によってかなりの負担減があります。

詳しくは病院の窓口などで尋ねてみるといいでしょう。

sponsored link


病名一覧
急性中耳炎
慢性中耳炎
滲出性中耳炎
真珠腫性中耳炎
航空性中耳炎
内耳炎
外耳炎(外耳道炎)
外耳道真菌症
外耳道異物
外耳道湿疹
鼓膜損傷、鼓膜穿孔
伝音性難聴
感音性難聴
神経性難聴
騒音性難聴
突発性難聴
老人性難聴
耳垢栓塞
メニエール病
急性扁桃炎
耳下腺炎(おたふく風邪)
乳突起炎(乳様突起炎)
聴神経腫瘍(聴神経鞘腫)
顎関節症
耳介奇形(耳の変形)
小耳症
先天性耳瘻孔
耳管開放症
耳管狭窄症
耳硬化症

あなたの耳の症状は?
片方の耳が痛い(かゆい)
両方の耳が痛い(かゆい)
飛行機が下降する際に耳が痛む
耳閉感 (耳が詰まったような感じがする)
難聴 (音が聞こえにくい・聞こえない)
耳鳴りがする
自声強調 (自分の声が大きく聞こえる)
耳だれが止まらない
黄色・黒・白などの菌糸を含む耳垢が出る
耳から血が出る
耳の変形・奇形
虫や玩具などが耳の中に入って取れない
めまいがする
話は聞こえるが内容が理解できない
口を開閉する時、耳の前方(顎)が痛む
発熱
顔面神経麻痺 (顔のしびれ、ゆがみ等)
ピアスの穴が化膿した
copyright©2010  耳の病気〜症状から調べる〜  All Rights Reserved |お問い合わせ・リンク・免責