耳の病気〜症状から調べる〜TOPお問い合わせ・リンク・免責

航空性中耳炎

耳の病気 航空性中耳炎は耳管狭窄症の一種です。

飛行機に乗った際に耳に痛みが出るもので、そのほとんどは軽い症状ですみますがアレルギー性鼻炎などを持っている場合は重症化することもありますので注意が必要です。

飛行機に乗った時に耳の痛みが出ても慌てないように、ここでは航空性中耳炎について少し勉強しておきましょう。

sponsored link


航空性中耳炎の原因

通常、鼓膜の内側にある中耳という部分には空気が少し入っています。
中耳は咽喉部と耳管によって繋がっています。

耳管は普段は閉じた状態にあるのですが、モノを食べたりするなど、動作や環境によって開閉します。

なぜ開閉するかと言うと、中耳に空気を通らせることで外部との気圧を保たせているからなんです。

しかし、飛行機に乗っている時に起こる気圧の急激な変化時には開閉が行われません。
耳管は閉じたままで、鼓膜の内側と外側には圧力に差が出てしまいます。

ただし飛行機が上昇している際には鼓膜の内側の方が外よりも圧力が高くなっています。
ですから、飛行機が降下している時ほどの痛みは出ません。

問題なのは飛行機が降下する時です。

飛行機が下りている時には鼓膜の内側が圧力が低い状態になります。
ここで航空性中耳炎の症状を感じることになるのです。


航空性中耳炎の症状

◆症状が軽度の場合
軽めの痛み、耳がつまるような感じ

◆アレルギー性鼻炎などがある場合
激しい耳の痛み、耳鳴り

※治療をきちんと行わないと中耳に血液が混ざった滲出液が溜まります。この為痛みが更に強くなります。


航空性中耳炎の治療法

軽症であればあくび、飴を舐める、水を飲む、バルサルバ法(耳抜き)などで改善できます。
もしアレルギー性鼻炎を持っている場合は、着陸前の点鼻薬の噴霧が効くようです。

sponsored link


病名一覧
急性中耳炎
慢性中耳炎
滲出性中耳炎
真珠腫性中耳炎
航空性中耳炎
内耳炎
外耳炎(外耳道炎)
外耳道真菌症
外耳道異物
外耳道湿疹
鼓膜損傷、鼓膜穿孔
伝音性難聴
感音性難聴
神経性難聴
騒音性難聴
突発性難聴
老人性難聴
耳垢栓塞
メニエール病
急性扁桃炎
耳下腺炎(おたふく風邪)
乳突起炎(乳様突起炎)
聴神経腫瘍(聴神経鞘腫)
顎関節症
耳介奇形(耳の変形)
小耳症
先天性耳瘻孔
耳管開放症
耳管狭窄症
耳硬化症

あなたの耳の症状は?
片方の耳が痛い(かゆい)
両方の耳が痛い(かゆい)
飛行機が下降する際に耳が痛む
耳閉感 (耳が詰まったような感じがする)
難聴 (音が聞こえにくい・聞こえない)
耳鳴りがする
自声強調 (自分の声が大きく聞こえる)
耳だれが止まらない
黄色・黒・白などの菌糸を含む耳垢が出る
耳から血が出る
耳の変形・奇形
虫や玩具などが耳の中に入って取れない
めまいがする
話は聞こえるが内容が理解できない
口を開閉する時、耳の前方(顎)が痛む
発熱
顔面神経麻痺 (顔のしびれ、ゆがみ等)
ピアスの穴が化膿した
copyright©2010  耳の病気〜症状から調べる〜  All Rights Reserved |お問い合わせ・リンク・免責