耳の病気〜症状から調べる〜TOPお問い合わせ・リンク・免責

慢性中耳炎

耳の病気 慢性中耳炎は鼓膜損傷急性中耳炎滲出性中耳炎などが治癒しきっていない場合に起こる可能性がある病気です。

慢性中耳炎は大きく「真珠腫性中耳炎」と「慢性単純性中耳炎」の2つに分かれます。

このページでは主に、「慢性単純性中耳炎」について解説します。

sponsored link


慢性単純性中耳炎とは?

鼓膜の大部分に穿孔ができる中耳炎です。

鼓膜に穴があいているので、音の振動に障害が出ます。
そのため、難聴の症状が出るようになります。

また、穿孔から細菌が入ると耳から膿が出るようになります。
この症状は繰り返し起こります。


慢性中耳炎の原因

慢性単純性中耳炎の場合には鼓膜穿孔がありますから、外耳道から中耳道に細菌が入りやすい状態にあります。そのため、症状が繰り返して出るのが特徴です。

穴があいたままなのは、抗生物質がまだなかった時代の不十分な治療に起因している場合も多いのです。

患者さんの中には40代・50代になるまで穴があいていることに気がつかず、耳だれや難聴の症状が出るようになって病院を受診、そして慢性中耳炎を発症しているというケースもしばしば見られます。


慢性中耳炎の症状

・耳だれ (緑膿菌、黄色ブドウ球菌、プロテウス属の菌などが入ってくるため)
・難聴
・めまい


※慢性中耳炎は症状が出たり緩解したりといった状態を繰り返します。その間に内耳や耳小骨に異常が出ることもあり、「混同性難聴」を発症することもあります。


慢性中耳炎の治療法

・抗生物質の投与
・耳の洗浄
・耳の消毒

慢性中耳炎の場合はまず耳だれを止めることから始めますので、清潔さを保つことが重要視されます。
そして状況を見て手術を行う場合もあります。


慢性中耳炎の手術について

慢性中耳炎で手術を行う目的は聴力を守ることと、繰り返し起こる耳だれを改善することにあります。
もし鼓膜に穴があいているだけで他に問題がない場合は簡単な手術で終わります。


慢性中耳炎の注意事項

前述したとおり、鼓膜穿孔に気づいていないケースもありますので、難聴や耳だれがあるようでしたら速やかに病院を受診しましょう。

sponsored link


病名一覧
急性中耳炎
慢性中耳炎
滲出性中耳炎
真珠腫性中耳炎
航空性中耳炎
内耳炎
外耳炎(外耳道炎)
外耳道真菌症
外耳道異物
外耳道湿疹
鼓膜損傷、鼓膜穿孔
伝音性難聴
感音性難聴
神経性難聴
騒音性難聴
突発性難聴
老人性難聴
耳垢栓塞
メニエール病
急性扁桃炎
耳下腺炎(おたふく風邪)
乳突起炎(乳様突起炎)
聴神経腫瘍(聴神経鞘腫)
顎関節症
耳介奇形(耳の変形)
小耳症
先天性耳瘻孔
耳管開放症
耳管狭窄症
耳硬化症

あなたの耳の症状は?
片方の耳が痛い(かゆい)
両方の耳が痛い(かゆい)
飛行機が下降する際に耳が痛む
耳閉感 (耳が詰まったような感じがする)
難聴 (音が聞こえにくい・聞こえない)
耳鳴りがする
自声強調 (自分の声が大きく聞こえる)
耳だれが止まらない
黄色・黒・白などの菌糸を含む耳垢が出る
耳から血が出る
耳の変形・奇形
虫や玩具などが耳の中に入って取れない
めまいがする
話は聞こえるが内容が理解できない
口を開閉する時、耳の前方(顎)が痛む
発熱
顔面神経麻痺 (顔のしびれ、ゆがみ等)
ピアスの穴が化膿した
copyright©2010  耳の病気〜症状から調べる〜  All Rights Reserved |お問い合わせ・リンク・免責