耳の病気〜症状から調べる〜TOPお問い合わせ・リンク・免責

慢性中耳炎

耳の病気 滲出性中耳炎を発症すると中耳に液体が溜まってしまい、耳管が正常に働かなくなります。

滲出性中耳炎は中耳に液体が溜まるという点で、急性中耳炎に症状が酷似している病気です。

しかし、急性中耳炎の場合は膿が混ざっている液体なので、ここが滲出性中耳炎との相違点になります。

sponsored link


滲出性中耳炎の原因

滲出性中耳炎は耳管が正常に働いていない為に起こる病気です。
では耳管の異常はなぜ起きるかというと、以下のような事柄が挙げられます。


◆中耳に病気が発生した場合

急性中耳炎を繰り返し発症した場合に、滲出性中耳炎に移行することがあります。


◆鼻咽腔(びいんくう)に病気が発生した場合

鼻咽腔(びいんくう)とは鼻腔と咽頭を繋ぐ部分を指します。
鼻咽腔に鼻の病気が発生すると耳管機能を低下させてしまいます。
これにより滲出性中耳炎が発症します。

鼻咽腔に関する代表的な病気は子どもに見られるアデノイドです。


◆耳管そのものに原因がある場合

耳管機能は10才くらいまでの子どもさんは十分に働いておらず、また50〜60才代になると耳管機能が低下し始めます。

病気が発生していなくても耳管機能が低下すれば、滲出性中耳炎の発症原因になります。


◆先天性の病気

口蓋裂などの先天性の病気は滲出性中耳炎と合併することがあり、治療が非常に困難であると言われています。


滲出性中耳炎の治療

状態や原因によって治療法を決定します。

耳管通気、鼻の治療、抗生物質などの内服薬、鼓膜切開、鼓膜チューブ留置術など様々な治療法の中から、医師の判断により治療が行われます。

sponsored link


病名一覧
急性中耳炎
慢性中耳炎
滲出性中耳炎
真珠腫性中耳炎
航空性中耳炎
内耳炎
外耳炎(外耳道炎)
外耳道真菌症
外耳道異物
外耳道湿疹
鼓膜損傷、鼓膜穿孔
伝音性難聴
感音性難聴
神経性難聴
騒音性難聴
突発性難聴
老人性難聴
耳垢栓塞
メニエール病
急性扁桃炎
耳下腺炎(おたふく風邪)
乳突起炎(乳様突起炎)
聴神経腫瘍(聴神経鞘腫)
顎関節症
耳介奇形(耳の変形)
小耳症
先天性耳瘻孔
耳管開放症
耳管狭窄症
耳硬化症

あなたの耳の症状は?
片方の耳が痛い(かゆい)
両方の耳が痛い(かゆい)
飛行機が下降する際に耳が痛む
耳閉感 (耳が詰まったような感じがする)
難聴 (音が聞こえにくい・聞こえない)
耳鳴りがする
自声強調 (自分の声が大きく聞こえる)
耳だれが止まらない
黄色・黒・白などの菌糸を含む耳垢が出る
耳から血が出る
耳の変形・奇形
虫や玩具などが耳の中に入って取れない
めまいがする
話は聞こえるが内容が理解できない
口を開閉する時、耳の前方(顎)が痛む
発熱
顔面神経麻痺 (顔のしびれ、ゆがみ等)
ピアスの穴が化膿した
copyright©2010  耳の病気〜症状から調べる〜  All Rights Reserved |お問い合わせ・リンク・免責